どこかじゃないここ

アラサー独女が居心地の良い生き方を探すブログ

スポンサーリンク

ホラーが苦手な人もきっと大丈夫!貞子VS伽椰子

▼ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

貞子VS伽椰子

一体どんな映画になっているのか、わくわくしながら観ました。 期待を裏切らない面白さでしたよ。

肝心なネタバレは伏せているので、まだ観てないという人が読んでも大丈夫なはず!

 

 

あらすじ

女子大生の有里が呪いのビデオを手に入れました。親友の夏美と観ることにしたけど、スマホに気を取られてたら夏美だけ観ちゃいましたよ。 一方、女子高生の鈴花は引っ越してきた家の隣の家が呪われてるらしい。変な夢まで見ちゃって気になります。

貞子の呪いと伽椰子の呪いが同じ世界にあったら――そして呪いにかかった者同士が出会った時、今までになかった新たな恐怖が訪れる!というお話。

 

見どころ

貞子の呪い

本家のリングシリーズでは『ビデオを見たら1週間以内に別の人間に見せれば助かる』という呪いだったはずですが、今回は2日に変更され、かつ別の人間に見せても助からないようになっています。

ここで設定の確認のためにWikipediaを読んだら生存の条件は単なるダビングではなく他媒体へ転換することとなっていました。上記は映画のリングの設定です。

映画の尺の都合で2日に変更されたようですが、猶予が短く、貞子の呪いから逃れる術がなくなっているので絶望感が増しています。 また超能力や髪の毛による物理攻撃もできるなど、かなり攻撃力が高くなっています。攻撃力なんておかしなことを言っていると思われるかもしれませんが、この映画の世界観では間違った表現ではありません。最終的には闘いますから。

 

経蔵と玉緒

夏美を除霊しようとした霊媒師が呼んだ助っ人の霊媒師。 霊媒師っぽくない見た目に毒舌ですが、力は本物らしく、この2人なら助けてくれそうという気にさせてくれます。BJとピノコを連想したのは私だけ?

有里がお願いをした時に「めんどくせぇな」とあんまりめんどくさくなさそうに引き受けた経蔵がちょっと可愛かったです。

 

女優陣

美しい女優陣も見どころ。 特にホラーの画面に映える美しさだなと思ったのは鈴花演じる玉城ティナさんです。恐怖の演技も素晴らしかった。

登場人物では夏美が1番好きでした。呪いにかかった後に両親が赤ちゃんの頃の自分を抱いて結婚式を挙げてる映像を観るってシーンとか切なかったです… あと有里大好きなんだなってところも可愛くて。もっとたくさん語れますが気持ち悪い文章になるのでやめておきます(笑)。

 

貞子VS伽椰子

ジャパニースホラー界の2大ヒロインが同じ画面に映った時はそりゃあもうテンション上がりましたね!画面の中の悲鳴が雰囲気を一層盛り上げる!

その場にいる人間は恐怖しまくりでしたけど、両者が迫る場面はプロレスの登場シーンを思わせてちょっと面白かったです。 あと伽椰子が不可抗力とはいえビデオにあんなことをしてしまった時とか、絶対笑わせにきてるだろうと思いましたよ。

 

主題歌がかっこいい

主題歌は聖飢魔Ⅱによる「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」です。めちゃくちゃかっこいいんですこれが!

公式サイトでデーモン閣下のインタビュー動画が見れますが、本来魔界に帰還していたのに貞子と伽椰子が対決すると聞いて、華々しく盛り上げるために特別に聖飢魔Ⅱを要請してくださったらしいです。ホラー界のヒロイン達は悪魔をも動かすんですね。

 

 

ホラーが苦手でもきっと大丈夫

びっくりするところはありますし、貞子や伽椰子のビジュアルが怖い人にはおすすめできませんが、リングシリーズや呪怨シリーズのおどろおどろしさはないので、ホラーは苦手だけど少しぐらいなら…という人は是非観てみてほしいです。面白いから!

 

 

映画を観たら公式サイトもチェック

公式サイトに行ってメニューを見るとそこには貞子のtwitterと伽椰子のinstagramへのリンクが。リンク先にはSNSを楽しんでいる2人がいます(笑)

また、公式サイトにはワンダーコアとのコラボ動画や、貞子、伽椰子、俊雄が呪いのシャ・ナ・ナ・ナを踊る動画、その他面白コラボや企画が盛りだくさん。 映画を観終えても貞子VS伽椰子の世界を楽しめるようになってますので是非チェックしてみてください。