どこかじゃないここ

アラサー独女が居心地の良い生き方を探すブログ

スポンサーリンク

就活という特殊な世界

▼ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

今の職場は派遣の契約更新しないので、今月末で終了となります。
で、どうせ派遣でもバリバリ働かなきゃなんないんならやっぱ正社員の方が安定してていいなと思ったので、ちょっと前から転職サイトに登録してました。

状況としては、
1社こちらから応募して、選考落ち。
スカウトが来た中から1社応募して、今日が1次面接でした。


も〜〜〜〜疲れました!!


考えながら話すのが苦手で、しかも喋りが下手なので面接って元々苦手なのですが。
今日は、質問に答えた時に面接官が『は〜…』みたいな残念そうというか、呆れたような顔を何度もしてて、『あ、落ちたな』と直感しました。

もうそこからは開き直ってあんまり緊張もせずに受け答えできましたが、見込みのない面接を続けながら笑顔で感じよく話するのに疲れました。


面接って、就活って何なんでしょうね。

本音は求人票の雇用条件が良いから志望しただけでも、それじゃ採用されないから嘘でも他の志望動機を書いたりして。

『御社の○○に魅力を感じました!』

とかキラキラした感じを装って、待遇の事を聞くのは印象が悪くなるから遠回しに聞くよう気を使って…

嘘っぽい、気持ち悪い。


勿論、本当にこの会社で働きたい!と熱意を持って就活してる人は全然気持ち悪くなんかないです。素晴らしいです。
でも皆が皆そうなんでしょうか?
私は違います。
仕事に就いたら就いたで責任持って仕事するし、顧客や会社にとって利益になる事を考えますが、別にその会社じゃなきゃダメって理由はないんですよね。
希望する職種・給与・待遇で、犯罪じゃない真っ当な仕事で、働いてる人達も優しければ尚良いですが。働く動機ってそれぐらいしかないです。

それなのに、その会社しかないみたいに装ってるのが気持ち悪い。
装ってるのが伝わって受からないのかな(´-ω-`)


ああ、あと『面接で待遇を聞くと印象が悪くなるから避けた方が良い』ってのも良く見るアドバイスですけど…
せっかく転職したのに、会社に入ってからこんなはずじゃなかった!と思わないように雇用条件は前もって細かく確認したいと思うのは普通だと思うんですけどね。
聞くなら内定が出た後が良いとか、面接で聞くなら失礼にならないよう遠回しに聞く方が良いというのが就活の常識です。
とことん応募する側が下の世界ですよね、就活って。

もっと採用側と応募する側が対等な立場で、ビジネスライクに雇用契約を交わせれば良いのに。
でもそうなるとスキルがないと採用されなくなっちゃうのかな?


なんか取り留めのない話になっちゃいましたけど(^_^;)就活って特殊な世界だなという話でした。




全ての企業が載ってる訳じゃないけど、企業の残業時間や有給取得率、3年後離職率が載ってるらしい↓